福岡の理科実験塾:エジソン少年理数工房 

エジソン少年理数工房・責任者小松のひと言日記です。
ジャンケンポン
写真はジャンケンで水素を作り出す順番を決めている場面です。当実験教室ではよくある光景です。

子どもはジャンケンが大好きです。「あーまた負けたー」といいながらも
ニコニコ顔。一瞬緊張もほぐれます。順番の不公平さをなくすことよりももっと有意義な何かがこのジャンケンに含まれているような気がしてなりません。

 幸いなことにここ数年「実験授業」が見直されてきていて、学校でも塾でも実験があちこちでやられています。子どもを対象とした実験でもっとも注意しておかなければならないのが「事故をおこさない」という点です。

 ただこの点ばかりに気をとられて、萎縮した実験、主体性の薄い実験、
たんなる確認実験などにに陥ってしまわないよう「ジャンケン」の可能性を探ってゆきたいと思います。



作成日時2011/02/08 14:37:27