福岡の理科実験塾:エジソン少年理数工房 

エジソン少年理数工房・責任者小松のひと言日記です。
揺れのかいだん(共振実験)
 3/11 途方もない地震と福島原子炉の建屋爆発。自然災害が自然の力そのものの大きさ突きつけながら 同時に脆弱な原子力技術とお役仕事をあざわらうかのように これでもか、これでもかと三陸海岸、福島海岸を襲いかかって来ました。

 現代のヤマタノオロチは 人間もまた自然の手のひらの上のものでしかないという当たり前のことと、原発の安全神話が低俗な神話であることをしっかりと見せてくれました。

 その地震についてですが、揺れに関してその性質の一面を知る手ごろな工作実験に取り組んでみました。

 揺れの周期が長さの平方根に比例し、重さや触れ幅に関係しない事実を
工作と工作物を通じて理解しようと試みました。



作成日時2011/04/13 16:59:14