福岡の理科実験塾:エジソン少年理数工房 

エジソン少年理数工房・責任者小松のひと言日記です。
アジの解剖
大変盛り上がりました。何しろ食べるのですから。
お腹を切り開くとねばねばした内臓が出てきます。「うわー!」と言う子どもに「これが心臓」というと「どれどれ どれが心臓?あ!三角」といっきよに解剖の世界に突入です。

 「これが肝臓、これが腎臓」と続けてゆくうちに「なにこれ?ふにゃふにゃ動いてる?」目のいい子どもは細いほそい寄生虫をみつけて不思議そう。

 エラ、目玉、脳と解剖ハサミで見えない世界を切り開きながらやがて自分の中にある肝臓、腎臓の役割の話に耳を傾けてくれました。



作成日時2012/07/05 17:26:20