福岡の理科実験塾:エジソン少年理数工房 

エジソン少年理数工房・責任者小松のひと言日記です。
算数―長文問題


初めに……本(プリント)を閉じて、問題を口に出して言えるまで、繰り返し、問題の文章を、読ませることです。
      
記憶を大切にしているのではありません。あたかも、粘土を手に取るように、頭で、心で、問題の中身を、自分の経験、あるいは、考え方の仕組みのなかに当てはめてみる、そんな作業をたいせつにしているのです。

行き詰まっているかたへ……上記の方法試してください。ただし、いそいではいけません。



作成日時2006.7.22 10:13